第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

カ行の麻雀用語

39.子持ち、古役、誤リーチ、孤立牌、誤ロン、コンビ打ち(約6分20秒)

ここでは麻雀用語の「子持ち」、「古役」、「誤リーチ」、「孤立牌」、「誤ロン」、「コンビ打ち」について解説します。

動画固定を解除する
前へ39次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

子持ち(コモチ)

 子持ちとは。ちょっと手牌をご覧いただきたいと思いますが、シュンツやトイツにもう1枚くっついている形です。

六索六索七索八索 六筒六筒七筒

六筒六筒七筒七筒の代わりに五筒がくっついていてもいいんですけれども、複合形、複合形と我々はよく言います。トイツに1枚くっついていたり、シュンツに1枚くっついて、そこがトイツになっている。

赤五索六索七索八索

これは子持ちとは言わないんです。

六索六索七索八索 六筒六筒七筒

ダブっている部分がないといけないということで、こういう形を子持ちといいます。

古役(コヤク)

 古い役と書いてコヤクと読みますが、中国から伝わってきて、今、日本ではなかなか役として認められていないものが多い、古い役。例えばこれ。

五筒赤五筒五筒一索一索一索東東南南一筒一筒一筒

 一筒五筒一索東南
これ、花鳥風月といって、花が開いているような形の五筒。鳥は、一索。風は、風ですから、風牌、東南西北。花鳥風月の月は一筒五筒一索、風牌、一筒のトイトイを花鳥風月という役満として、古い役として扱っていました。昔はそういう役が認められていました。

一萬二萬三萬四萬赤五萬六萬七萬八萬九萬七筒八筒九索九索

 それから、これもそう。今、一気通貫ができて、六筒九筒で待っていますが、最後のホウテイ、最後の最後の打牌・ホウテイで九筒で和了れた場合は九筒撈魚といって、これも古役として認められていたんです。すごく風流な役が多いんですけれども、そういう古い役の集まり、総称して古役という言い方をしています。

誤リーチ(ゴリーチ)

 誤リーチ。ゴのゴは、漢字で書くと、誤ったということですけれども、誤リーチは間違ったリーチのことです。これは、チョンボを取られるところが多いと思いますけれども、聴牌してないのにリーチをかけてしまって、発覚してしまう。つまり、流局したときに発覚するんですけれども、揃ってないじゃない。これを誤リーチといいます。誤リーチしたときは、その場の取り決めによりますが、和了放棄やチョンボになります。

孤立牌(コリツハイ)

 孤立牌とは。手牌をご覧ください。

一萬二萬三萬四萬赤五萬六萬七萬八萬七筒八筒一索九索九索

 つながっているところは孤立牌とはいいません。七筒九筒とカンチャンであっても孤立牌とはいいません。一索だけポツンとあるでしょ。一索でなくてもいいです。六索でもいいんです。ポツンとあるでしょ。これが孤立牌。五筒では七筒がつながっていますから、孤立牌にならないんですが、四筒だとポツンとあるでしょ。あと全部つながっている。孤立牌。

一萬二萬三萬四萬赤五萬六萬七萬八萬四筒九筒六索九索九索

 そうじゃなくて、こうなっていたらどうか。この中から孤立牌はどれですかって。一萬二萬三萬四萬赤五萬六萬七萬八萬はつながっている。四筒九筒が孤立牌。六索も孤立牌。孤立牌が3つあるねと。ポツンとある牌を孤立牌といいます。

誤ロン(ゴロン)

 誤ロンというのは誤ったロン。つまり、ロンじゃないのにロンと言ってしまった、ああ勘違いというのが多いんですけれども、二萬五萬で待っているのに三萬が出たらロンとか、一萬四萬で待っているのに二萬が出たらロンとか、萬子は間違いやすいところもあるんですけれども、六索が出たら九索だと勘違いしてロンしたり、つまり和了れないのにロンと言ってしまって、手を開けてしまった。これを誤ロンといいまして、これもチョンボを取られることが多いです。誤ロン、しないようにしましょう。誤ロンしたときは、その場の取り決めによりますが、多くの場合チョンボになります。

コンビ打ち(コンビウチ)

 コンビ打ち。今はそういう時代ではないですけど、昔、如何様というか、2人で組んで、「どっちかがトップを取ればいいんじゃない?」みたいな、暗黙というか、打ち合わせをしておいて、お互いにどちらかがトップを取りやすいようにコンビネーションを発揮してトップを取っていく。そういう時の名称ですけれども、「コンビ打ちしているな、おまえら」みたいな言い方をしていました。

 でも、今でも上下で、上家がどんどん下家に喰わせていると、「おまえら、コンビ打ちかよ」みたいな言い方をして皮肉ることがありますけれども、基本的には、コンビ打ちというのは、勝つことを目的として、2人で打ち合わせをしておいて、残りの2人をやっつけると。そういうのをコンビ打ちといっております。

前へ39次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ