第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

サ行の麻雀用語

51.次局、ジク、ジゴ、地獄待ち、仕込み、次巡、沈み(約3分20秒)

ここでは麻雀用語の「次局」、「ジク」、「ジゴ」、「地獄待ち」、「仕込み」、「次巡」、「沈み」について解説します。

動画固定を解除する
前へ51次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

次局(ジキョク)

 次局とは、今やっている局の次の局です。今が東1局だとしたら、次局は東1局の1本場か東2局ということになります。局が次に移っていくと次局となります。

ジク

 ジクとは、親がサイコロを振って9が出たときに、自分の山の9つ目で切って、牌を取り出すことを言います。9が出たら自分の山なので、3、3、3で9数えます。ドラを開けて牌を取り出します。自分の山で9つ残していますから、ジクということになります。自分の山の右から9番目で切って取り出していくことです。

ジゴ

 ジゴとは、親がサイコロを振って5が出たときに、自分の山の5つ目で切って、牌を取り出すことを言います。サイコロを振って5が出ました。自分の山です。自分の山の右から5つ目で切って取り出していく。ジゴで取り出していくということになります。

地獄待ち(ジゴクマチ)

 地獄待ちとは、場に2枚出ている牌の単騎待ちのことです。例をあげると、北が場に2枚出ているときの北の単騎待ち。白が2枚出ているときの白の単騎待ち。あるいは、九萬が2枚出ていて九萬の単騎待ち。こういった単騎待ちで当たったら地獄待ちだなという言い方で使うことが多いです。最後の1枚を狙った、まさに地獄で待っている形が地獄待ちです。

仕込み(シコミ)

 仕込みとは、積み込みなどの如何様を仕込まれていることを言います。如何様をちょっとやっている。もう仕込まれている。仕込みが済んでいる。仕込みは怖いですね。

次巡(ジジュン)

 次巡とは、次の巡目のことです。麻雀は一巡一巡と進んでいきます。4人が捨て終わると1巡が終わります。一人一人が何か牌を切って、4人が捨てると1巡が終わります。次巡というのは、自分が何か切った、その次のことです。その次も次巡、その次も次巡と巡目がどんどん進んでいきます。自分が牌を切ったその次が次巡ということになります。

沈み(シズミ)

 沈みとは、自分の点数が沈んでいる状態のことです。最初に配られた点数よりマイナスとなっている状態です。自分が沈んでいるということでございます。

前へ51次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ