ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

タ行の麻雀用語

79.タコ待ち、タコリーチ、タコノベタン、たたく、起ち親、立ち番(約3分20秒)

ここでは麻雀用語の「タコ待ち」、「タコリーチ」、「タコノベタン」、「たたく」、「起ち親」、「立ち番」について解説します。

動画固定を解除する
前へ79次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

タコ待ち(タコマチ)

 タコ待ちとは、和了りにくい待ちのことです。タコ待ち、していませんか?和了りにくいところで待っている。例えば、ドラ表示牌のペンチャンとかカンチャンとか、もう2枚出ていて、あと1枚しかないのに、リーチかけたりして、「おまえ、それ、タコ待ちだろ」って言われちゃいます。和了りにくい待ちも、薄そうな待ちもそうなんですけれども、なるべくタコ待ちはしないようにしましょう。

タコリーチ

 タコリーチとは、タコ待ちでのリーチや、安くて手にふたをしてしまうようなリーチのことです。いくらでも手変わりがあるのに、リーチをかけてしまう。三色にも変わる、タンヤオにも変わる、ドラを引いてきたら変わる、いろいろ変わるのに、「何でその待ちなの、それでリーチしちゃうの?」「タコリーチかけちゃ駄目だよ」とか言います。それをタコリーチと呼んでおります。

タコノベタン

 タコノベタンとは、自分で和了り牌をすべて使い切っており、空テン状態のノベタンのことです。

二索二索二索二索三索四索五索五索赤五索五索西西西

一応、何かいっぱい待ちがありそうなんですけど、タコノベタンなんです。ノベタンでしょ、二索五索の。でも、もう全部使っていて、ないんです。二索暗刻、五索暗刻なのに二索五索のノベタンしかない。空テンなんですけど、こういうのを、タコノベタンと呼びます。

たたく

 ポンとか、チーとか、鳴くことです。二索ポンしたら、二索をたたいたという言い方をします。西ポンしたら、「西をたたいたんだね」という言い方。たたくというのは、鳴いたんだねということとイコールでございます。

起ち親(タチオヤ)

 起ち親とは、起家です。東1局の親の方。「起ち親だね」、「起ち親から始まったね、俺は」みたいな言い方をします。起ち親とは、始まりの親、すなわち起家のことでございます。

立ち番(タチバン)

 立ち番とは、麻雀店で卓の中に入って麻雀をしていないで、お客さまのお世話をするスタッフのこと。灰皿を取り替えたり、コーヒーを持ってきたり、オーダーにこたえて一生懸命世話してくれる。「立ち番しているんだね」という言い方をしまして、麻雀店ではよく使われている言葉でございます。立ち番です。

前へ79次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ