第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

タ行の麻雀用語

101.手なり、手の内、手牌、手牌読み、デバサイ、手拍子(約3分30秒)

ここでは麻雀用語の「手なり」、「手の内」、「手牌」、「手牌読み」、「デバサイ」、「手拍子」について解説します。

動画固定を解除する
前へ101次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

手なり(テナリ)

 手なりとは、役とかにあまり重心をかけずに、組み合わせに素直に従う打ち方です。

二萬三萬五萬六萬二筒二筒三筒赤五筒四索五索七索西北

 手なりで打ってみましょう。一萬を持ってきました。北が要らなくなりました。二筒を持ってきました。西が要らなくなりました。

一萬二萬三萬五萬六萬二筒二筒二筒三筒赤五筒四索五索七索

そして、一筒を持ってきました。七索が要らなくなりました。

一萬二萬三萬五萬六萬一筒二筒二筒二筒三筒赤五筒四索五索

五萬を持ってきました。組み合わせだけ考えれば、赤五筒五萬を切ります。このような至ってシンプルな打ち方のことです。

手の内(テノウチ)

 手の中の相手に見せていない牌の枚数です。メンゼンで進めている時は13枚が手の内。1つ鳴いたら3枚を晒すので10枚が手の内になります。

手牌(テハイ)

 自分の目の前に現れている13枚の牌のことです。

手牌読み(テハイヨミ)

 タンヤオ、平和をやっているのではないかといった、相手の手がどんな手なのかを読むことです。

デバサイ

 自分が目標としている相手から直撃でロンできたときに、出場所最高という意味でデバサイといいます。

手拍子(テビョウシ)

 ぱっと持ってきて、ぱっと切ってしまう。このパターンを手拍子といいます。

前へ101次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ