第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

15.オープン立直、大物手、オーラス、オールグリーン、オールスター、オールマイティ、丘、お母さん、拝み打ち(約7分)

ここでは麻雀用語の「オープン立直」、「大物手」、「オーラス」、「オールグリーン」、「オールスター」、「オールマイティ」、「丘」、「お母さん」、「拝み打ち」について解説します。

動画固定を解除する
前へ15次へ

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

オープン立直(オープンリーチ)

 オープン立直。普通は、牌は立てたまま立直していくんですけれども、立直オープンという、待ちがたくさんあるときとか、点数的に満貫が欲しいときとか、手を開けちゃうんです。

八索八索二索三索四索二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒

 これは、普通は、立直は1役なんですが、オープン立直はもう1役加算されて、2役でしょ。しかも、オープンすると、誰もそのオープン立直に対して当たり牌を切ることができないというルールなんです。もし切った場合には役満払いとかいうルール設定になされていますから、一筒四筒七筒待ち、1と4と7の待ちですけれども、誰も振り込めない。ということは、ツモるだけ。

 ですから、立直オープンで2役なんですけれども、ツモの1翻も必ず付いてくる。それぐらいビッグな立直なんですけれども、オープンしてそうそうツモれるものじゃないんですけど、一応、そういうルール設定を、決め事ね。使っているグループも多いと思います。オープン立直。

大物手(オオモノテ)

 大物手。これはもう文字どおり、役満までいかなくても、和了ったら満貫、ドラ3あるとか、ホンイチ一色手で、もう門前で仕上がったとか、和了ったら満貫、跳満、倍満、役満、大物手ですねという話になります。

オーラス

 オーラスは、ゲームの最後の局。1ゲーム、1ゲームやっていくわけですけれども、そのゲームの最後の局、最終局をオーラスといいます。

オールグリーン

 オールグリーン。これは緑一色(リューイーソー)という役満。皆さん、作ったことありますか。きれいですよ。アメリカで生まれた役満なので、オールグリーンという言い方をしますけど、三索で待っています。

二索二索三索四索四索六索六索六索八索八索発発発

 オールグリーン、全部緑。私、今まで3回しかやったことないです。役満、緑一色、オールグリーンでございます。

オールスター

 オールスター。赤五萬赤五索赤五筒赤3つそろい踏みして和了った場合にオールスターといいますけど、きれいですよ。オールスターになっているときは。赤が全部独り占め状態。オールスター、勢ぞろいでございます。

オールマイティ

 オールマイティ。これは、例えば立直をかけているとするじゃないですか。

三萬四萬赤五萬二筒三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒発発

 立直、一筒四筒七筒。立直をかけて一発で白をツモったとき、和了れますよというルールがあるんです。白、オールマイティ。立直後、いつでもいいですよというルールもあります。立直かけたら、ツモ、「はあ?」みたいな。立直をかけた後に白にダイヤモンドか何かが入っていて、そのダイヤモンドをツモったら、オールマイティで一筒に化けていいんです。高め取りできるんです。オールマイティですから。そういうルール、決め事ですけど、一発で白をツモったり、あるいはダイヤモンドの入った白が立直をかけた後にツモるとオールマイティで和了れると。

 また、中には、手牌の中で使ってもオールマイティとしてダイヤモンドを使えますよとなりますから、非常に難しいですよね。

三萬四萬赤五萬三筒四筒五筒六筒七筒八筒九筒発発白

 このように待っていたら、白はオールマイティですから、待ちはいっぱいありますよ。二筒でもいいし、一筒でもいいし、三筒でもいいし、四筒でもいいし、五筒でもいいし、六筒でもいいし、七筒でもいいし、八筒でもいいし、九筒でもいいし、発でもいいわけですから。筒子全部と発は和了れるというような立直になっちゃいますね、オールマイティで入っていると。そういう使い方があります。

丘(オカ)

 丘。これは、2万5000点持ちとか、2万7000点持ちの3万返しとかいうルールでされていることが多いと思うんですが、2万5000点持ちの場合には、それぞれが3万点返しになると、5000点ずつ返していかなきゃいけませんから、合計4人分を掛けると2万点が最初からない点棒なんです。その分を丘といって、トップの方がその2万点分もらえると。トップを取ったらですよ。

 2万7000点持ちで始まると、3万点返しなので、3000点ずつ足りないわけです、最初から。そうすると、3000×4で1万2000点分、これが丘といわれるもので、トップを取った方にその1万2000点分差し上げますよという成績評価の仕方です。「丘ついているの? いや、丘がないよ」という麻雀もあるんです。3万点持ちの3万点返し。競技麻雀で多いんですけれども、これは丘がない。最初から3万点持っていますから。その差がありませんから、丘なしということになります。

お母さん(オカアサン)

 お母さん。5000点棒のことです。お父さんは? すでにやっていますか。まだですね。お母さんは5000点棒です。ということは、お父さんもいますよ。

拝み打ち(オガミウチ)

 拝み打ち。聴牌しているんです。他の人が立直して、その一発目で赤五筒とか危ない牌を持ってきちゃった。立直がかかってる。でも、降りたくない。そのときに、通してと、牌を捨てながら拝むようにすることを拝み打ちといいます。

前へ15次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ