このページはスマホ用サイトです。 >>PC用サイトはこちら

ポイントを賭けて戦う新イベント
ロイヤルバトル開催中
今すぐ参加する
オンライン麻雀 Maru-Jan

麻雀用語辞典

ア行の麻雀用語

5.ありあり、亜両面、荒れ場、合わせ打ち、暗槓、暗刻、暗刻落とし、安全牌、一向聴、一向聴地獄(約8分)

ここでは麻雀用語の「ありあり」、「亜両面」、「荒れ場」、「合わせ打ち」、「暗槓」、「暗刻」、「暗刻落とし」、「安全牌」、「一向聴」、「一向聴地獄」について解説します。

前へ次へ

ありあり

 喰いタンヤオ、後付けありのルールをいいます。

亜両面(アリャンメン)

一萬一萬二萬三萬六索六索七索八索
 すでに2枚持っているところの両面形をいいます。

荒れ場(アレバ)

 満貫や跳満以上の和了が多く見られる場です。

合わせ打ち(アワセウチ)

 誰かが切った牌に合わせて自分も同じ牌を切っていく打ち方です。

暗槓(アンカン)

 手牌の中で同じ牌を4枚そろえたときのカンを暗槓と言います。
九筒裏牌裏牌九筒 裏牌九筒九筒裏牌のように開示します。

暗刻(アンコ)

 同じ牌が3枚そろっている組み合わせのことです。

暗刻落とし(アンコオトシ)

 手牌にある暗刻を3枚とも切っていくことです。

安全牌(アンゼンハイ)

 場に対して安全だと思われる牌を指します。安牌(アンパイ)ともいいます。

一向聴(イーシャンテン)

四萬赤五萬六萬七萬八萬六筒七筒八筒六索七索北北北

 テンパイする1つ手前の形を一向聴といいます。

一向聴地獄(イーシャンテンジゴク)

 一向聴からなかなかテンパイしない状態を一向聴地獄といいます。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!

ア行の麻雀用語

カ行の麻雀用語

サ行の麻雀用語

タ行の麻雀用語

ナ行の麻雀用語

ハ行の麻雀用語

マ行の麻雀用語

ヤ行の麻雀用語

ラ行の麻雀用語

ワ行の麻雀用語