何切る?

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の捨て牌読み

手役の詳細な読み方(ピンフ編)(土田の捨て牌読み)

61.2・8の入り混じる序盤(約2分10秒)

ピンフをねらっているかどうか、2・8牌を切るタイミングで分かります。

動画固定を解除する
前へ61次へ

土田の捨て牌読み

速さの読み方(土田の捨て牌読み)

打点の読み方(土田の捨て牌読み)

親の読み方(土田の捨て牌読み)

字牌ポンの読み方(土田の捨て牌読み)

リーチの読み方(土田の捨て牌読み)

リャンメン待ちの読み方(土田の捨て牌読み)

変則待ちの読み方(土田の捨て牌読み)

手役の読み方(土田の捨て牌読み)

放銃軌道の読み方(土田の捨て牌読み)

手牌進行の遅い河読み(土田の捨て牌読み)

手役の詳細な読み方(ピンフ編)(土田の捨て牌読み)

手役の詳細な読み方(タンヤオ編)(土田の捨て牌読み)

手役の詳細な読み方(チャンタ編)(土田の捨て牌読み)

手役の詳細な読み方(一気通貫編)(土田の捨て牌読み)

手役の詳細な読み方(三色同順編)(土田の捨て牌読み)

手役の詳細な読み方(一色手編)(土田の捨て牌読み)

手役の詳細な読み方(役牌編)(土田の捨て牌読み)

手役の詳細な読み方(七対子編)(土田の捨て牌読み)

手役の詳細な読み方(国士無双編)(土田の捨て牌読み)

手役の詳細な読み方(対々和編)(土田の捨て牌読み)

早いリーチのかかる河(土田の捨て牌読み)

場の読み方(土田の捨て牌読み)

 ピンフ作りの不要牌を整理する順番の典型として、特に2・8の出が早まってくるというのは、タンヤオをねらっている手ではないということも非常に背景としてはあります。タンヤオをねらっている場合には22とか88という形をためたいのですが、ピンフをねらう場合には788の8とか223の2とかを早めに切っておくという算段も含まれながら手牌進行していきますので、4巡目以降に2・8がけっこう現れてくるということがピンフの河では言えます。

西東一索二萬八索四筒六萬

北白九萬八筒二索三萬四筒

 東場です。上の河は二萬が出て、八索が出て、6巡目以降、真ん中のほうに寄ってきます。下の河も同様に八筒二索が出てから四筒が出ています。1・9字牌を整理した後、6巡目までに2・8が出てきて、その後5に近い牌が次第に出始めるというのがピンフの河の特徴です。

前へ61次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ