第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の捨て牌読み

打点の読み方(土田の捨て牌読み)

7.タンヤオカンチャン外し(約3分)

タンヤオのカンチャン外しの後に、違う色の3から7までの間の牌が出てきたら、要注意です。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田の捨て牌読み

速さの読み方(土田の捨て牌読み)

打点の読み方(土田の捨て牌読み)

親の読み方(土田の捨て牌読み)

字牌ポンの読み方(土田の捨て牌読み)

リーチの読み方(土田の捨て牌読み)

リャンメン待ちの読み方(土田の捨て牌読み)

変則待ちの読み方(土田の捨て牌読み)

手役の読み方(土田の捨て牌読み)

放銃軌道の読み方(土田の捨て牌読み)

 赤入り麻雀ではタンヤオベースで打つことが多いですが、その中にあって、第3打ぐらいまで1・9字牌で来ているのに、タンヤオのカンチャンを外してくるということは、手牌にスピードとボリュームがあることが予測されます。タンヤオのカンチャンを外した後に、そのタンヤオのカンチャンを外した色と違う色の3から7までが出てきたら要注意です。

東白西二索四索三筒

 第3打までは普通です。ところが、二索四索と手から出てきて、タンヤオのカンチャンを外してきたと思っていたら、三筒が出てきました。この場合、次にマンズが出てきたらマンピンソーの法則でさらに危険で、穏やかではない河と読みます。

一筒九筒北八萬六萬四索

 一筒九筒北、ここまでは普通です。八萬六萬と、カン七萬を外していける手組と思っていたら、次に違う色の3から7の牌の四索が出てきました。この場合、この方の安全牌を残して、リーチに備えなければいけないという読みを働かせていくことが大事です。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ