第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の捨て牌読み

速さの読み方(土田の捨て牌読み)

4.ペン・カンチャンの手出し(約3分40秒)

序盤にペンチャンやカンチャンが切られたら、要注意です。次の捨て牌にも注目して、手の早さを判断しましょう。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田の捨て牌読み

速さの読み方(土田の捨て牌読み)

打点の読み方(土田の捨て牌読み)

親の読み方(土田の捨て牌読み)

字牌ポンの読み方(土田の捨て牌読み)

リーチの読み方(土田の捨て牌読み)

リャンメン待ちの読み方(土田の捨て牌読み)

変則待ちの読み方(土田の捨て牌読み)

手役の読み方(土田の捨て牌読み)

放銃軌道の読み方(土田の捨て牌読み)

 序盤にペンチャンやカンチャンを外すということは、4メンツ1雀頭の候補が揃っている可能性が高いです。その後に違う色のタンヤオ牌が出てきたときには、リーチがかかってもおかしくないと考えます。

南白八索九萬八萬
 字牌が整理されて、タンヤオ牌が1つ挟まり、九萬八萬と切れています。ペンチャンを整理する前に1つ違う色のタンヤオ牌が組み込まれて、次に違う色、この場合は筒子のタンヤオ牌が出るというリズムが、手の早さを表しています。

西中二筒二萬四萬
 ペンチャン、カンチャンを外すということは、次に例えば六索が出れば、これは早いということになります。ペンチャンやカンチャンを外した後、何が出るのかに注目すべきです。違う色の3から7までの牌が出てきたら、マークです。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ