第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の捨て牌読み

打点の読み方(土田の捨て牌読み)

8.23・78リャンメン外し(約5分)

序盤にリャンメン形を手牌から切ってきたら、要注意です。

動画固定を解除する
前へ次へ

土田の捨て牌読み

速さの読み方(土田の捨て牌読み)

打点の読み方(土田の捨て牌読み)

親の読み方(土田の捨て牌読み)

字牌ポンの読み方(土田の捨て牌読み)

リーチの読み方(土田の捨て牌読み)

リャンメン待ちの読み方(土田の捨て牌読み)

変則待ちの読み方(土田の捨て牌読み)

手役の読み方(土田の捨て牌読み)

放銃軌道の読み方(土田の捨て牌読み)

 早い段階で23もしくは78というリャンメン形を外してくるケースがあります。ほとんどの場合は、タンピン、三色とか、タンヤオ、平和にさらに輪をかけたボリュームのある手が生まれてきます。

西南一萬二筒二索三索

 第1打、第2打、第3打は普通の河です。そして、二筒を打って、二索三索と手から出てきました。二索三索と切ってくるケースは、特に赤五索を持っている場合が多いです。リャンメン形を外せるということは、手に対しての相当な自信があるわけですから、要注意です。

一索白中八筒七萬八萬

 最初は平凡で、その後八筒七萬八萬と切っていますから、ほかに良いリャンメン形があると考えられます。特に赤入り麻雀の場合には、赤あるいはドラを使ったリャンメン形があると想像できます。23や78のリャンメン形は良い待ちなのに、その良い待ちを河に外せるということは、もっと良い話がその手牌には含まれているということになります。

一索白中八筒七萬八萬
一筒八索三筒中七萬八萬

 6巡目までの2つの捨て牌を比較します。似ていますが、第1打、第2打、第3打が違います。上の場合には、ボリュームのあるタンヤオ、平和形の手、赤入り、ドラ入りだと読めますが、下の場合には、数字の牌から切り出して、字牌が1枚、1・9牌が1枚、その後に七萬八萬で、これは七対子の可能性もあります。

前へ次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ