第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の捨て牌読み

速さの読み方(土田の捨て牌読み)

1.尖張牌の早出(約3分30秒)

捨て牌読みは、パターンを覚えれば難しいことではありません。絵で覚えましょう。

動画固定を解除する
次へ

土田の捨て牌読み

速さの読み方(土田の捨て牌読み)

打点の読み方(土田の捨て牌読み)

親の読み方(土田の捨て牌読み)

字牌ポンの読み方(土田の捨て牌読み)

リーチの読み方(土田の捨て牌読み)

リャンメン待ちの読み方(土田の捨て牌読み)

変則待ちの読み方(土田の捨て牌読み)

手役の読み方(土田の捨て牌読み)

放銃軌道の読み方(土田の捨て牌読み)

 捨て牌読みは、パターン化して覚えていくということがとても大事です。尖張牌、つまり3と7が河に早く出てきたときには、その人はリーチが早めにかかりやすいです。

北白八筒三索二萬
一筒東七萬二索七筒
 5巡目までの捨て牌を2つ例示します。タンヤオ牌がドラの場合、1・9字牌が先に出て、尖張牌が5巡目あたりまでに1つ、2つ出ると、手出しツモ切り関係なく、その人は早いです。それから、尖張牌が出た後に違う色のタンヤオ牌が出るということが大事です。この絵を覚えて、似たような河が現れたら、その人は早いのではないかと考えましょう。

三萬六筒七索四索七萬
 例外もあります。タンヤオ牌、3・7は出ていますが、これは早いわけでがありません。国士無双を狙っていたり、チャンタを狙っていたり、少し時間がかかりそうな河です。

次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ