第1回全日本ネット麻雀グランプリ
2017年1月31日
昼12時まで

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

はじめての麻雀

初心者3級:ここまで覚えれば基本的にOK

35.積み棒(ツミボウ)、供託(キョウタク)(約5分)

親が続いている状態を示すのが積み棒(ツミボウ)です。また、流局時に場に出ていた立直棒は供託(キョウタク)されます。ここでは積み棒と供託について解説します。

動画固定を解除する
前へ35次へ

はじめての麻雀

初心者10級:30分で麻雀が打てる!

初心者9級:牌の種類と得点がわかる

初心者8級:手っ取り早く役ができる牌

初心者7級:最初に覚えたい役1

初心者6級:最初に覚えたい役2

初心者5級:麻雀には運も必要!

初心者4級:麻雀初心者を卒業しよう

初心者3級:ここまで覚えれば基本的にOK

初心者2級:逆転の醍醐味、勝つために覚えたい役・知識

初心者1級:リアル麻雀のための豆知識

 流局したときに親が聴牌していれば、もう1度親ができるというルールがあります。親が和了ったり聴牌していれば、連荘(レンチャン)となり、連続して親ができます。

 連荘の度に100点棒を1本、積み棒として出し、親の右端に置きます。立直がかかっていて流局した場合、出された立直棒は積み棒の隣に供託棒として供託され、次に和了った人がもらえます。積み棒はもらえません。

 例えば、積み棒が1本、供託棒が1本あるときに親が和了った場合、供託棒は親がもらい、次は積み棒が2本出されて、2本場となります。親がノーテンで流局した場合、親は移りますが、積み棒は1本足されて次の親に引き継がれます。積み棒は、子が和了るまで増え続けます。

 積み棒が積んであると、和了点に1本あたり300点足されます。1本場は300点、2本場は600点、3本場は900点といったように和了点に加算されます。

前へ35次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ