何切る?
ついにMaru-JanのmacOS版が登場
ついにMaru-JanのmacOS版が登場

麻雀を覚えたい初心者から、強くなりたい上級者まで、ルール、役、戦略を動画とテキストで解説

麻雀のすべて 講師:土田浩翔

ゲームで実戦
いますぐ麻雀!

土田の人読み

気配の読みかた(仕掛け気配)(土田の人読み)

10.手迷い(約2分50秒)

手迷いしている人は仕掛けてくると考えましょう。

動画固定を解除する
前へ10次へ

土田の人読み

気配の読みかた(高打点気配)(土田の人読み)

気配の読みかた(仕掛け気配)(土田の人読み)

気配の読みかた(リーチかけたい気配)(土田の人読み)

気配の読みかた(イーシャンテン気配)(土田の人読み)

気配の読みかた(複数ドラ抱え気配)(土田の人読み)

気配の読みかた(ダマテン気配)(土田の人読み)

気配の読みかた(仕掛けテンパイ気配)(土田の人読み)

リーチの読みかた(ツモれそうリーチ)(土田の人読み)

リーチの読みかた(アガれそうリーチ)(土田の人読み)

リーチの読みかた(入り目悪しリーチ)(土田の人読み)

リーチの読みかた(愚形リーチ)(土田の人読み)

リーチの読みかた(タンキ待ちリーチ)(土田の人読み)

リーチの読みかた(ドラ待ちリーチ)(土田の人読み)

感情の読みかた(苛立ち気配の読み)(土田の人読み)

感情の読みかた(ノリノリ気配の読み)(土田の人読み)

何を切ろうか迷って、動かさないで普通は考えますが、仕掛けていくことを考えたときに、自然に牌を触っている人もいます。どれがポンできて、どれがチーできるのか、迷うわけです。

四萬六萬六萬七萬八萬四筒赤五筒二索二索赤五索五索六索白白

456のタンヤオ、三色、赤、赤で行くか、白をポンしていくか、五索を先切りしておくのか、それとも効率よく四萬を切ってしまうのか、悩みが多いわけです。ツモってきたときに、場を見ながら、最初は白を切ろうかと思っていたけれども、すぐ鳴けそうだからと思って白のところに行った手がまた戻ってきて、四萬にしようか、三色もある、五萬がチーできるということを上家の捨て牌から想像したりしながら、何が鳴けるのかを整理し直すので、手を少し動かしながら考える間が出てきます。

手が不安定な動きをするのが、仕掛けていく手を持っているときの特徴でもあるので、急にリズムがおかしくなったと思ったら、ポン、チーしたい牌があると読みましょう。

前へ10次へ
ゲームで実戦!!いますぐ麻雀!登録無料!
トップページへ